ホーム » 中古車買取ならコレを読もう » 中古車買取でよくありがちなトラブル

中古車買取でよくありがちなトラブル

国民生活センターには中古車に関するトラブルが多く寄せられており、中古車買取に関するトラブルも悲痛な声として届けられています。中古車買取を業者にお願いする際に注意しておきたいこと、トラブルになりやすい事柄を知っておくことで無用な争いから避けることができるようになります。

その中で最近増えてきているのが中古車買取の一括査定サイトを経由しての買取です。車種と年式、走行距離を入力するだけで、どの業者がどれだけの値段で買い取ってくれるのかというものが表示されたり、電話番号を入力しておくと電話がかかり、この値段でどうかというものを聞くことができます。当然ながら、業者としては実物を見たわけではなく、電話口ではこの値段で下取りしたいとはいっても、実際には実物を見て、様々な理由をつけて安く下取りをしようとしてきます。

依頼した側とすれば話が違うのではないかと怒り、そこでトラブルに発展してしまうのです。気をつけたいことは、そこですぐに契約するのではなく、いくつもの業者とアプローチをし、本当にこの値段なのかと確認することです。そうすることで不当な値下げであることが一目瞭然になります。

こうした見積もりの確認を防ぐために、この値段は今日限定で明日になれば分かりませんということを言ってきます。それに恐れをなして、契約してしまい、後で他の業者に確認したらそこそこ高かったことを聞かされ、トラブルになることもあります。契約してからもっと高値で売れたことを知ったり、契約した後で再査定があり、かなりの減額をされたりすることもあるため、すぐに契約することはあまりに危険です。

買取額はそう簡単に値段が変動しないため、慎重に見積もりの比較をしても十分間に合います。こうしたトラブルを未然に防ぐには、やたらと契約するよう急かす業者は避け、親身に対応してくれる業者を探すことが大切です。そうしたところは人も車も大切に扱ってくれるため、いい中古車も多く揃っていることが特徴です。